はじめてのカナダ旅行記・母と娘の珍道中

ナイアガラの滝とナイアガラ-オンザレイク観光

2日目は、終日、ナイアガラの滝とナイアガラ-オンザレイク観光です。
コントロールゲート・テーブルロック・ナイアガラクルーズ・ワールプール・ナイアガラパークウェイ・滝の発祥地点・ワイナリーで試飲・ナイアガラ-オンザレイク散策、という行程です。

ナイアガラといえば、滝を近くから見ることが有名ですよね。今回はナイアガラクルーズを体験しました。“霧の乙女号”として有名でしたが、今年2014年から運航会社が変わり、遊覧船も大型化したそうで、こちらの名称は使わないそうです。

以前のお船は現在、アメリカ側で運行中でした。私たちはカナダ側から乗船でしたので、赤いポンチョ(カッパ)が配られました。対岸のアメリカ側は青いポンチョ(カッパ)でした。船が滝に近づくと、噂に違わず、ものすごいしぶきを浴びてびしょ濡れになりました。が、天気が良くて、すぐに服は乾きました。

no5-1.jpg
アメリカ滝に最接近!
     
バスには現地ガイドが同乗し、観光案内をしてくれました。が、大変申し訳ない、ちょうどその時間帯は、日本時間では深夜から未明にかけてだったため、ものすごい睡魔に襲われてしまったのです。ほどよいバスの揺れ、日本より爽やかな季節、…ウトウト…、昼食会場のホテルに着いても、食事より寝ていたいほどでした。

午後からは、ワイナリーを訪ねて、アイスワインなどの試飲をしました。
no5-2.jpg
ワイナリーの庭

通常の赤と白のワインは渋苦で、アイスワインはまるでかき氷のシロップかと思うくらい、ものすごく甘かったです。ナイアガラ-オンザレイクの散策では、オンタリオ湖が見える場所がありました。街並みがとても綺麗で、のどかだなあとほっと一息つけました。

no5-3.jpg
ホテルへの帰路途中に、日本人が経営するお土産屋に立ち寄りました。日本語で日本紙幣が使えましたが、お釣りはその日のレートでカナダコインで返金でした。

夕食は、連泊するホテルのレストランで、チキン料理でした。肉の量も多めでしたが、それ以上にマッシュポテトの量が半端なかったです。部屋に戻り、窓から景色を眺めていると、ナイアガラ-イルミネーション、そして目線下に花火を見ました。とても素敵でした。