はじめてのカナダ旅行記・母と娘の珍道中

バンフ半日市内観光

5日目になりました。今日は終日自由行動の日です。私たちはツアーを申し込むときに、あらかじめ「オプショナルツアー・バンフ半日市内観光」をプランに追加していました。ほとんどの方がこちらに参加されていましたが、数組の方々は「歩きやすい服装」で参加する2種類の散策プランへ出掛けられました。

no10-2.jpg
大きな展望バスがホテルまでお迎えです。指定されたバスに乗り、早速市内観光へ出発しました。
     
“ボウ滝”到着。ここはマリリン・モンローの主演映画「帰らざる河」の舞台になったところです。ものすごい水量で、まるで雷みたいな大きな音がしていました。
no10-1.jpg

“サルファ山”のゴンドラは、バンフ観光で一番の人気アトラクションだそうです。と、その前に、バスの駐車場にあったのは、昨日乗った雪上車と同型が展示駐車?してありました。
no10-3.jpg

ゴンドラから見えたバンフの街は、まるでマチュピチュと見紛うほど絶景・大パノラマです。
no10-4.jpg

“カスケードロックガーデン”、今一番いい季節なのでしょうね。手入れが行き届いた庭園は、色鮮やかな草花でいっぱいでした。
no10-5.jpg

サプライズポイントからは、宿泊しているホテルの、一番美しい姿を見ることが出来ました。
no10-6.jpg
     
“フードゥ”は、細長くそびえ立つ岩柱にちょっと怖い伝説がありました。
no10-7.jpg
  
それからほんの短い時間でしたが、バスでドライブし、昼食付オプションツアーだったので、バンフ市内へ戻りました。昼食は、チキンバーガーっぽいものでした。ドリンクは別途各自で清算とのことでした。
no10-8.jpg

食事までが、今回の「オプショナルツアー・バンフ半日市内観光」でした。この昼食会場で、ツアー終了となり、流れ解散となりました。

昼食会場を出て、スタバを発見、バス代のカナダコインを得るために、カフェモカを飲みました。あまりにも母が「すぐにホテルに帰りたい」とぐずります。確かに私も時差ボケや疲れで相当な眠気がありました。添乗員の説明で「バンフの街からホテルまでのバス代は、大人1人2カナダドル」とあったので、2人で4ドル、1ドルコインを4枚準備して、バス停でバスを待ちました。