イメージ画像

DMMモバイルの格安SIMカードを
Xperiaで使ってみた。

DMMモバイルの格安SIMカードを使ってみた

現在、iPhone5を使用中で2年縛り中ですが、毎月の携帯代を節約するためにDMMモバイルの格安データ用SIMカードを試しにインターネットで申し込みました。

説明書の入っていますので設定も簡単です。

iPhone5は、ソフトバンクに月6,000円支払っていますが、DMMモバイルの格安SIMカードですとデータ通信専用のSIMカードで、月に660円(データ通信量の上限1Gで翌月繰り越し可能)からになります。電話するよりもLineが多いですし、050+も使えるので問題ないかもしれません。無料通話ならLine電話もありますしね。

携帯電話回線もNTTドコモなので安定、もしデータの上限が超えてもLTEは使えなくなりますが、回線が遮断されることのなく、バースト転送で利用できるのも決め手ですね。

格安SIMカードは、どの業者も自分でAPN設定(使えるようにするための認証作業)をする必要がありますが、わかりやすい説明書も入っているので問題ないでしょう。入力の時に全角入力ではなく半角で入力するようにしましょう。

DMMモバイルに申し込む前に

格安SIMカードは、データ通信量の上限があります。現在、ドコモなどのスマホを使っている場合は、DMMモバイルに申し込む前に、毎月あなたがどのくらいのデータ通信を使っているか確認しましょう。

NTTドコモ:
My docomoにログイン→料金や支払い状況を確認したい→利用明細・履歴の確認→ご利用データ量確認(当月ご利用分)を選択.

ソフトバンク:
My Softbankにログイン→データ通信量の管理→通信速度低速化までの残りデータ量で残量が確認できます。
au:
auお客さまサポートにアクセスしてログイン→LTE通信量合計に1か月分のデータ通信量が表示されています。

DMMモバイルの料金

メールやネット程度でしたら、1Gで十分だと思いますよ。通話プランなら、MNP(ナンバーポータビリティ)も利用可能なので携帯電話の番号はそのままです。
  1GB 2GB 3GB 5GB 7GB 8GB 10GB
データSIM 660円 770円 850円 1,270円 2,040円 2,140円 2,250円
通話SIM 1,460円 1,470円 1,550円 1,970円 2,740円 2,840円 2,950円
参考サイト:格安データ用SIM(MVNO)カードのおすすめは?

Androidスマホとタブレット設定方法

私は、海外や電子書籍、PDFファイルを読むために買ったXperia Z UltraでDMMモバイルの格安SIMカードに申し込みました。設定方法をまとめると以下になります。

1.設定→その他の設定→モバイルネットワーク→データ通信を有効にするにチェック

2.APNを選択します。→「新しいAPN」をタップ、もしくは、+ボタンをタップします。

名前:DMMなどお好きな名前
APN :vmobile.jp
ユーザー名:dmm@dmm.com
パスワード:dmm
認証タイプ:PAPまたはCHAP

APN設定後に設定したAPNを選択して完了です。


開通後は4Gと表示されれば開通です。

ドコモ回線ですので特に問題なくネットやメールができています。

>>DMMモバイルの格安データ用SIMカードをインターネットで申し込む

このページの先頭へ